入学案内

梅田・木下研究室では、精密工学科の学部生のほか、外部からも修士課程・博士後期課程の学生を積極的に募集しています。研究室のフライヤーをここからダウンロードできます。研究テーマは、サステナビリティ(持続可能性)に関連した設計研究を幅広く展開しています(詳しくはこちら)。 工学的な考え方を基盤に置きながらも、サステナビリティ学・環境学、統計学、公共政策、経営学、・・・などの様々な分野の知識を身に着けることができます。
研究活動から得られる能力(competency)として、論理的思考能力、プレゼンテーション能力、文章作成能力といった基礎的な能力に加え、実社会の問題を解決するための考え方、方法論・ツールの運用を含む実践的な能力が身に着くように指導します。さらに、フィールドワークや国際会議発表を通した国際交流も積極的にすすめています。

少しでも興味があれば、木下宛にご連絡ください。研究室のスタッフ・学生が、研究テーマや研究室での日々の生活などについて丁寧に説明します。システムの簡単なデモをお見せすることができます。

なお、学部生、修士課程学生、博士後期課程学生にかかわらず、基本的には1人で1つの研究テーマを担当します。ただし、関連する研究テーマを持った学生数名でグループを構成することによって、なるべく日々の研究活動がうまく進むように学生間の活発なディスカッションを推奨しています。

2020年度大学院入試案内のポスター(2019年実施)

2019年度大学院入試案内のポスター(2018年実施)

2018年度大学院入試案内のポスター(2017年実施)

学部


修士課程


博士後期課程